イソマルトオリゴ糖について分かり易く解説

イソマルトオリゴ糖とは?

一般的に、オリゴ糖は健康食として広く親しまれていますが、イソマルトオリゴ糖
というのは聞いた事が無い方が多いようです。

 

 

ラクビに配合されているイソマルトオリゴ糖は、酸や熱に強いのが特徴で
過酷な胃酸などの環境下でも耐え、しっかり腸内まで届けるのです。

 

正にラクビ専用に作られたとも言えるオリゴ糖なのです。

 

腸内まで到達したイソマルトオリゴ糖は、酢酸菌のエサとなり、
その役割を果たします。

 

イソマルトオリゴ糖を得た酪酸菌は、より活性化し有効成分である
短鎖脂肪酸を生み出してくれるのです。

 

 

>>ラクビはこちら

 

 

善玉菌が増えると良い事ずくめ

 

イソマルトオリゴ糖をエサにした短鎖脂肪酸が活性化すれば、腸内の
善玉菌が増え、腸内が健康になります。

 

 

善玉菌が増えることで悪玉菌が減り、中立の立場の日和見菌が
善玉菌に加担してくれるので、更に腸内環境が良くなります。

 

腸内環境が整い、腸内フローラが正常に保たれれば、免疫力も向上し
病気にも負けない体に変化していく事でしょう。

 

善玉菌の増加は、腸にとっても体にとっても良い事ずくめなのです。

 

イソマルトオリゴ糖まとめ

 

ラクビにおけるイソマルトオリゴ糖は、酪酸菌のエサの役割を果たします。

 

エサを得た酪酸菌は、短鎖脂肪酸を生み出し腸内環境が良くなり
腸内フローラも健全に保たれます。

 

この様に、ラクビの成分には、しっかりとした役割分担がされていて、
無駄な成分など一つもない事が分かります。

 

私たちは、毎日ラクビを一粒飲めばいい事ですが、ラクビの1カプセルの中に
これだけの連鎖が作られているというのは忘れてはいけません。

 

 

>>ラクビはこちら