ビフィズス菌B-3について分かり易く解説

ビフィズス菌B-3とは?

大手乳業メーカーの森永乳業が、ビフィズス菌の未知なる可能性
について着目し、長年ビフィズス菌の研究を続けていました。

 

40年という長い年月をかけて、ようやくビフィズス菌B-3の存在を
確認したのです。

 

 

食の欧米化に伴い、肥満体質が増えてしまった現代人にとって
救世主とも言うべきビフィズス菌が、ビフィズス菌B-3なのです。

 

森永乳業は、ビフィズス菌B-3の特許を10ヶ国以上で取得し、
世界的にもビフィズス菌B-3を広めていく考えです。

 

 

>>ラクビはこちら

 

 

ビフィズス菌B-3の驚くべき効果とは?

 

ビフィズス菌B-3は、肥満体質や腸内フローラに着目したビフィズス菌で、
体内で様々な効果を発揮してくれます。

 

ビフィズス菌B-3が体内に入ると、酢酸を作り出し、脂肪の蓄積を
抑えてくれる役割を果たしてくれます。

 

酢酸が脂肪の蓄積に効果的という訳です。

 

その他には、人間の腸にはバリア機能というのが備わっていまして、
通常ですと、摂取した食物の栄養素だけが腸内で吸収されるのですが、
ストレスを抱えていたり、油分の多い食事などを日常的に摂取していますと、
腸内のバリアー機能が破壊されて、細菌などが入り込み炎症などを
引き起こしてしまいます。

 

 

腸内で炎症が起きてしまいますと、糖尿病や肥満といった症状が
出てきてしまう事が分かっています。

 

ビフィズス菌B-3が活躍

 

一度、炎症を引き起こしてしまった腸を回復させるのは難しいですが、
ビフィズス菌B-3が、腸内のバリアー機能を回復させる効果があることが
分かっています。

 

脂っこい食事を止めたり、ストレスを発散すれば回復していきますが、
ビフィズス菌B-3は、意図的にこれらの症状を回復させてくれるのです。

 

 

>>ラクビはこちら

 

 

その他にも様々な効果が

 

ビフィズス菌B-3には、善玉菌を増加させる効果も期待できます。

 

 

善玉菌が増えれば、悪玉菌が減少するなど良い事ずくめなのですが、
動脈硬化を防いでくれる効果もあるといいます。

 

年齢を重ねると、どなたでも動脈硬化の危険性が高まりますので、
ご高齢者には嬉しい効果です。

 

その他にも、内臓脂肪の減少にも効果的とされ、メタボ体系の多い
中年男性には有難いです。

 

ビフィズス菌B-3まとめ

 

@肥満や腸内フローラに特化したビフィズス菌

 

A作り出された酢酸が脂肪の蓄積を防ぐ

 

B腸内のバリアー機能の回復サポート

 

C善玉菌の増加を助ける

 

D内臓脂肪・皮下脂肪の減少

 

以上のような効果が期待できるビフィズス菌です。

 

正に、肥満の多い現代人にとってはありがたい効果ですね。

 

太りやすい体質というのは、中々改善する事は難しいですが、
ビフィズス菌B-3の力で、痩せやすい体質に変化できる可能性があります。

 

 

>>ラクビはこちら