ラクビの効果的な飲み方とは?

ラクビの飲み方

基本的にはラクビに飲むタイミングというものはなく、お好きな時に
1日1カプセルを服用して下さい。

 

というのも、ラクビの有効成分である酪酸菌は、胃酸に強いのが特徴で、
「鉄をも溶かす」と言われる胃酸にも、ほとんど負ける事無く生存することができます。

 

 

ラクビに含まれている短鎖脂肪酸が作り出す酪酸菌は、芽胞というバリアー機能がある為、
胃酸をくぐり抜け、腸内まで到達できるのです。

 

この為に、ラクビでは特に飲むタイミングというのが決められていないのです。

 

 

>>ラクビはこちら

 

 

ラクビにはビフィズス菌も配合されている

 

ラクビの成分表を見て頂ければお分かりになりますが、ビフィズス菌も配合されています。

 

 

ビフィズス菌はご存知の通りヨーグルトなどにも入っている善玉菌です。

 

こちらは胃酸に弱く、折角ヨーグルトを食べたとしても胃酸でほとんどが死滅してしまいます。

 

特に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、胃酸が溢れている状態なので
菌が壊滅状態となってしまいます。

 

出来れば最高の状態でラクビの有効成分を届けたいですよね。

 

 

>>ラクビはこちら

 

 

飲むタイミングはいつがベストか?

 

そうなってくると、いつ飲めばいいの?という事になってきますが、私的には夕食後に
ラクビを飲むようにしています。

 

朝食後でも昼食後でも夕食後でも効果は変わりませんが、飲み忘れを防ぐ点でも
夕食後をおすすめしています。

 

朝は、時間が無い方が多く、ついうっかり飲み忘れてしまうというケースが考えられます。

 

昼食後は、会社にラクビを持っていかなければいけないので、やはり自宅で余裕がある時間と言えば
夕食後という事になります。

 

飲むタイミングまとめ

 

以上の事をまとめてみますと

 

ラクビに含まれている酪酸菌は胃酸に強いので問題は無い

 

ラクビには、ビフィズス菌も含まれているので、胃酸が落ち着く食後に摂取する

 

飲み忘れ防止の為、夕食後に飲むように習慣づける

 

一番いいのは、習慣化させることです。

 

やはり、好きな時に飲んでいると面倒になり、飲まない日が出てきたり、途中で
止めてしまったりと良い事がありません。

 

ラクビを習慣化させてダイエットを成功させましょう。

 

 

>>ラクビはこちら